59.6 F
New York
Saturday, October 16, 2021

THE INTERN — a Demographics White Paper

Who wouldn’t want a well-prepared, honest intern who looks and acts like Robert De Niro? Nancy Meyers' The Intern opens with Robert himself, as Brooklyn...

公牛之眼:评奥斯卡入围电影《美国狙击手》

Bradley Cooper在电影《美国狙击手》中饰演真实的海豹突击队队员Chris Kyles,美国军事史上最能致人死地的狙击手。电影由Clint Eastwood根据Kyle的回忆录改编。 我们第一眼看到Kyle的时候,他在伊拉克,趴在屋顶上,瞄准一双当地人,一个妇女和一个男孩,他们正在下面过马路。他只有几秒钟的时间来决定:这两个人构成威胁吗?他们会不会威胁到旁边的海军陆战队?还是他们只是下午出来散步? 然后那个妇女从她的长袍下拿出了一个俄罗斯制造的火箭弹,递给男孩。这一刻Kyle做出了决定。他把他们放倒在地。被Kyle的准星瞄中的人没有逃得掉的,小孩也不行。火箭弹在附近爆炸,没有造成什么伤害,海军陆战队得救了,而Kyle——在作为狙击手的整个职业生涯中确认击杀了160人以上——干净利落地完成了最初的两个击杀。 这部电影展示了很多次击杀,有时候一个接着一个;Kyle生存在一个混乱而疯狂的世界,死亡可以随时,随地,从任何角度降临的世界(当然,Kyle自己就是一个非常首要和熟练的死亡制造者),这个地方燥热,灰尘扑扑,危险窝在每个角落里,躲在每扇门窗后,从每个屋顶上凝视着你。我们看着Kyle为挨家挨户搜查的海军部队提供专业的掩护,在枪林弹雨中摧毁基地组织的部队如砍瓜切菜,对抗跟他一样冷血强大的看不见的敌方狙击手,最重要的是,拯救不计其数的生命,不分军民。 作为典型的实干家,有着强壮体格和德州口音的Cooper奉行低调严谨的行事方式。兵役间隙他也跟战友开开玩笑,回家跟老婆孩子聊聊天(尽管很少聊工作),不过大多数时候他是个少言寡语的人,比起言语更少疑虑。他拿着他的狙击枪,为懂得如何使用它感到自豪。他苍白的蓝眼睛瞄准目标时像镭射激光一样聚焦,不躲藏,不摇曳,不闪烁,非常迷人,你无法把目光从它们身上移开。 电影中有很多喧嚣,血腥的场景,却又真实得令人窒息。摄影是一流水准,烈日炙烤下,几乎单色的画面看上去甚至比真实的伊拉克更炎热,更灰尘漫天。Eastwood营造悬念的能力在本作中展现得淋漓尽致。配角的表现也很出色,尤其是饰演主角妻子的Sienna Miller。 很多人说《美国狙击手》看上去在应该谴责战争的时候庆祝战争,怎么没有人质疑男男女女被送上伊拉克前线的理由可疑呢。 我的回应是:毫无疑问,《美国狙击手》是一部站在美国军方角度的电影,所有的士兵,包括Kyle本人,都被描绘成美国至上,舍生取义的英雄主义者。但这不表示它支持战争。它就是这样:坚毅的,恶劣的,让人无奈的图景,关于胜利的代价,战争的代价;向着遥远的屠宰场上的生灵的恐惧,投出比一瞥稍长的关注目光,那里几乎没有你的朋友,绝大多数人是你的敌人。 最后:不是战争贩子才能欣赏《美国狙击手》。这是一部优秀的电影,无论你站在美国还是伊拉克立场上。 (注:俗话说造物弄人,Chris Kyle服完在伊拉克的兵役后回到家,跟他的战友Chad Littlefield一起,于2013年2月在德克萨斯的射击场中被前海军队员枪杀。凶手Eddie Ray Routh已做精神障碍辩护,现在在为此案受审。) 评论:Stuart R. Brynien, New York Translated by Zhe Tao, New York

MISSIONE: IMPOSSIBILE SBAGLIARE CON ROGUE NATION (In Italian)

Tom Cruise è il motore che alimenta il franchising di Mission Impossible ed è così visibile già nei soli primi dieci minuti di Rogue...

MISSION: IMPOSSIBLE TO GO WRONG WITH ROGUE NATION

Tom Cruise is the engine that powers the Mission Impossible franchise and nowhere is it more pronounced than in the first ten minutes of...

父と息子 :アカデミー賞ノミネート作品 “ジャッジ (“The Judge” in Japanese)

本作を観る為に映画館に足を運ぶべきだろうか。何だか安っぽい出来栄えだし、ありがちなストーリーだし。自宅でゆったりと観たって同じことではないか。いや、そんなことはない。稀代の名優が主演、助演を務め、彼らの圧巻のパフォーマンスを目の前に、心踊り、胸打たれない観客はいないだろう。 ロバート・ダウニー・ジュニア演じるヘンリー・ハンク・パルマーは、シカゴを拠点に活躍する、少しその性格に難ありの弁護士である。ある日、母がこの世を去り、故郷に戻った彼を待ち受けていたのは、もう何年も疎遠になっていた父親(ロバート・デュヴァル)である。父の人生は、そう長くはないと知った時、彼らの希薄な関係は益々、ひどくなっていく。その父がある晩、車で誰かを轢き逃げし、殺人容疑の身となった時、彼らの希薄な関係は益々、ひどくなっていく。 しばらくして、ハンクは、父との奇妙な関係に思いを巡らせている自分に気付くのだ。そして彼は、今、それまで想像もしなかったが、父の傍に付き添っているのだ。ハンクは、現在ある老人の無罪を勝ち取る為に必死である。その老人、偶然にもその町の判事であった。 ダウニーは、我らが誇るアメリカ映画界の素晴らしき俳優の一人である。「アイアンマン」や、その他多くのエンターテイメント作品同様、本作でも、彼の圧巻のパフォーマンスに我々は、またもや胸熱くすることだろう。父の前では、何かにつけてイライラし、娘の前では、最高の父親で、元彼女の前では、一人の男として、変な事も考えたりする。因みに、その彼女、レストランを経営するやり手の女性でもある。ダウニーの演技術は、開いた口がふさがらない程素晴らしい。 これは、間違いなくダウニーの映画である。デュヴァルがその卓越した力で演じきった父親役も本作の見どころの一つである。気が短く、タフで、正義感が強く、誰でも何にでもどんな時でも判決を下してしまう、一風変わった父親。デュヴァルのカラダは次第に、言うことが聞かず、赤ん坊の様に、誰かの助けなしには生きることは出来ない。ダウニー演じる、息子ハンクが初めて父の悲惨な姿を目にするとき、私たちの胸は、これ以上ない程に締め付けられることだろう。 デュヴァルのその熟練した演技術で、ジョセフ・パルマは、まるで実在の人物の様に思えた。ヴェラ・ファーミガは、ハンクの官能的な愛人役を、ヴィンセント・ドノフリオ、ジェレミー・ストロングは、ハンクの兄弟役を、ビリー・ボブ・ソーントンは、感情を押さえた演技で、検察官を、最年少キャスト、エマ・トレンブレイは、ハンクの娘役ローレンを演じた(彼女と父との再会のシーンは、たまらなく美しかった)。   全ての俳優陣の、その卓越した演技力に賞賛の声が寄せられることだろう。つまらないと感じた時もあった。監督、デヴィッド・ドブキンが、後半につけたしたシーンは、特に大き な意味を持つとは思えない。しかし、俳優陣のパフォーマンスという点においては、一点の曇りなく「素晴らしい」と言いきれる。 映画に内容と、素晴らしい演技を期待されるのなら、本作を観る為、劇場に足を運ぶべきだと私は思う。 オリジナルレビュー : スチュアート・R・ブライニアン (FILM REVIEW by Stuart R. Brynien, New York) 翻訳 :  今井裕也 (TRANSLATION by Hiroya Imai, New York)

Stay connected

4,042FansLike
996FollowersFollow
7FollowersFollow
117SubscribersSubscribe

Latest article

Metaphorical. Touching. Incredibly surprising: PASS OVER at the August Wilson Theatre

As Broadway theaters reopen during this endless time we are going through, a cheerful crowd at The August Wilson Theatre has the opportunity to...

NYC Quintessential Kitchen

Three friends meet at a restaurant for brunch on a Saturday afternoon. Patrick, Cynthia and Susie haven't seen each other in a couple years,...

POLITICA: Opinião no The New York Times sobre Cuba

O DIA EM QUE OS CUBANOS PERDERAM O MEDO Os cubanos saíram às ruas inesperadamente no domingo. Dezenas de milhares cantavam por liberdade e comida....