“BETRAYAL(邦題:背信)” ブロードウェーにて (in Japanese)

0
23

20130908-DOWD-slide-YCZC-articleLarge

ジェームズ・ボンド主演の舞台を一目見る為に、ボックスオフィス前には長蛇の列が出来た。元い、ダニエル・クレイグ主演である!私には、味気ない作品であったが、豪華俳優陣を揃えて、ハロルド・ピンター作“Betrayal(邦題:背信)”の名作がブロードウェーで上演されている。

原作に、ノーベル文学賞作家で脚本家のハロルド・ピンター作品を選んだとすれば。監督には、名ベテラン監督マイク・ニコルズを選んだとすれば。俳優陣には、英国の熟練した舞台・映画俳優を起用したとすれば。

―舞台上にレイチェル・ワイズとダニエル・クレイグの芝居を観劇出来る事は大変興味深い経験である。彼らは実生活においても本当に夫婦なのだから。―

演劇に目が肥え、手厳しい人もいるだろうが、この素晴らしい組み合わせから、どんな作品が生み出されるのか、気になって仕方ないだろう。

クレイグはロバート、ワイズはエマを演じる。彼らは夫婦であり、幕開け早々、別居生活を始めることに決める。第一幕では、エマは、ロバートが浮気をしたことを知り、レイフ・スポール演じるジェリー(彼はロバートの親友でもある)に会いに行く。実は、彼は7年間付き合ったエマの元恋人でもあった。作品は、時間が逆に進む形で展開される。そして私たちが目の当たりにするのは、情熱的な場面を、不誠実な場面を、友情の場面を、或は酒に酔って本音がこぼれ落ちる場面である。ピンターの辛辣なユーモアは本作全編に渡る。彼は、イギリス人の狡さを、冷淡さを、幅広く、そして見事に

クレイグ演じるロバートは、愛らしさと暗さが入り混じる男で、彼は決して良いとは言えないやり方で物事を推し進める。スカッシュが好きな男で、オックスブリッジの出版社に勤める本が嫌いな男。セーターコートを上手く着こなし、魚の如く酒を飲む男。クレイグは、実にステージ上で人々の興味を惹きつけるのが上手い。ワイズ演じるエマは、ミステリアスで、気難しい。冷たく、第一幕では全く物怖じせず、彼女がなぜジェリーに会いに行ったのかも分からない程である。そして、彼女の登場シーンは極めて少ない。スポール演じるジェリーは面白い男でありながら、振り回される役でもある。エ

マと7年も何も問題がなかったなどとイメージすることは出来ないだろう。第一幕、我々が目にするのは、スポールが受けたダメージがどれ程のものだったかという事である。彼はエマに「ロバートにこの恋愛事情がバレテいること」を理解させようとするのだが、その時彼女は既に、それもスポールとロバートも知る作家と、新しい恋に落ちており、もう彼には笑うしかないのだ。そして、第二幕で、ロバートはジェリーに「実はもう何年も前から彼らのその事実を知っていた」と告げる。

時間が逆戻りする中だからこそ、我々観客は、舞台上の人間の決断がその一瞬、一瞬で、相互に影響を与えてきたのだと知る事が出来る。時にそれは胸が詰まる、目を背けたくなるような時間であるけれど、何も難しい事はない。爆発しそうな雰囲気もあるが、最後まで爆発することは無い。

不幸なことに、二コラズ監督の本作はあまりに手が込み過ぎている。豪華な自然主義の舞台装置は、暗転の間、ステージをゆっくり横切り消え、新しい舞台装置がゆっくりと現れる。プロジェクターはヴェニスのゴンドラやロンドン北部の住宅街を映し出し、我々が今、どの時代の場面を見ているのかまでを示してくれるこの演出は、作品の背景を理解するという点では大変役に立つ方法だろう。しかし、暗転があまりに長い。ピンターの作品に、瞑想の時間は組み込まれていないのだから。観客に何を見ているかを考えさせるというより、この長すぎるシーンの合間は明らかに我々を現実世界に引き戻してしまう。残念で仕方ない。何故なら、ピンターの巧妙な騙し合いという構成が退屈な作品に仕上がるはずはないのだから。

THEATRE REVIEW by Kate Mulley, New York

TRANSLATION TO JAPANESE by Hiroya Matsumoto, New York